「花衣 夢衣」1巻の
ネタバレと感想です。

以下、ネタバレ情報が含まれます。
自分で知りたい!という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。
↓ ↓ ↓ ↓
まんが王国で読んでみる(スマホの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)

BookLiveで読んでみる(PCの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)


「花衣 夢衣」1巻のあらすじ

昭和25年、一卵性の双子である姉妹の真帆と澪は17歳。
彼女たちの父は、画家であるが病気を患っていた。

そんな病気の父に代わって、
真帆は米軍将校宅で手伝いをして働き、
澪は母の和裁の手伝いをしていた。

書画や骨董を米兵相手に売って経営している「辻堂」店主の辻万平は、
(真帆の)父の見舞いをしに自宅へ訪れる。

その時、母を通じて、
息子の経営するお店の手伝いの仕事を澪に打診する。

病気の父は反対したものの、
澪は骨董店の看板娘として勤め始める。


そんなある日、その澪が働くお店に
青年米兵のフランクがやってくる。

フランクは澪のことが気に入って、
毎日のように訪ねてくる。

しかし、フランクは朝鮮へ
行かなければならない事が決まり、
骨董屋の店主である辻俊彦と裏工作する。

俊彦は澪にフランクが朝鮮に行く前に、
日給を支払う代わりに1日だけデートをする事をお願いする。

困った澪は真帆に相談し、
真帆が身代わりとなって
1日デートをすることになったが・・・・・・

これより先のあらすじは、
実際にあなた自身の目で読むことをお勧めします!
↓ ↓ ↓ ↓
まんが王国で読んでみる(スマホの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)

BookLiveで読んでみる(PCの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)



「花衣 夢衣」1巻の感想

ドロドロの人間関係を描いた作品で、
昼ドラにもなっています。

そして、昼ドラでも定番ですが、
ドロドロな人間関係をしてしまう人ほど、
最初は純粋無垢で真面目な人間です。

しかし、自分たちではどうにもできない事情から、
陰鬱な世界に引きずり込まれてしまうのです。


そういった汚れ具合が面白く、
気になってしまい、
ついつい先まで読んでしまいます。

漫画の画はとりわけものすごく綺麗
というわけではありませんが、
見やすいタッチになっていると思います。


是非、無料試し読みでご確認下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
まんが王国で読んでみる(スマホの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)

BookLiveで読んでみる(PCの方はコチラ)
(リンク先の検索窓で「花衣 夢衣」と検索して下さい)






漫画1冊を丸々ほぼ無料で読む方法とは?

「無料試し読みの続きが気になる・・・」

「試しに読んでみたいけど、お金を払うほどではない・・・」

「この1冊だけがどうしても気になる・・・」

などと本を読んでいて思った事はありませんか?

どうしても気になる本は1冊まるごと読みたいですよね。

そんな時にオススメしているのはU-NEXT(ユーネクスト)です。

U-NEXT は、日本最大級のビデオオンデマンドです。

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上配信。

それをPC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐに楽しめちゃう新しいエンターテイメントサービスですが、実は電子書籍のサービスもあるのです!!

31日間の無料トライアルがあるので、それに登録すると無料でサービスを受けられます。

しかも、今なら600円分のポイントも付いてくるので、有料の作品もお得に(ほぼ無料で)楽しむことが出来ます!!

また、31日間の無料トライアル中に退会すれば、料金は一切かからないので、まずはU-NEXT(ユーネクスト)のトライアルで好きな漫画を楽しんで下さい!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を読んでみる





『dTV』の「声優がマンガを読んでくれる」新しいサービスとは?

月額500円という価格破壊なサービスで
話題となっている動画配信サービス『dTV』

スマホやタブレットでいつでもどこでも様々な動画を見られますが、
そのサービスの一つ「マンガ」が非常に画期的なんです!!

何と、話題のマンガにプロの声優によるフルボイス効果音がついていて、 ムービーとして楽しめるというもの。

つまり、「プロのによる漫画の読み聞かせ」なわけです。

一度見たらクセになってしまいそうな声付きマンガ。
しかも、会員登録した方は初回31日間は無料でお楽しみ頂けます! 是非、色んなマンガを声付きで楽しんでみて下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『dTV』でマンガを読んで見る